下村勇二監督 “2泊3日ぶらり韓国歩き旅” 【”屋敷紘子”がガイドします!PART❸】

下村監督と太田さんが宿泊している建物の一階にある、「PARIS BAGUETTE cafe」で朝9時40分に待ち合わせ。韓国で3000店舗を誇る、一大パン&カフェチェーンなのですが韓国の人達は勿論、観光客にも使い易く、美味しく人気です。しかも、ここ江南駅5番出口上がって直ぐのパリバゲはイートインスペースも物凄く広く、パンやカフェの種類も豊富!!さすがビジネス街にあるパリバゲ。私は8時50分位に着き、暫く独りでぼんやり。韓国は日本より珈琲飲める場所が格段に多く、本当に助かります。新宿で毎週カフェ難民してるもんね……ブツブツ。

9時半過ぎに元気な笑顔で下村監督と太田さんが登場!ちょっと話は逸れるけど、この3人で動いていてストレスが全く無い要因の一つが「時間感覚」が似てる事。これ凄く大切だと思うんです。誰もルーズにならないし、連絡もスムーズだし。こうして初めての場所にお二人を放置しても、全く心配にならないんです。

下村・太田「おはよ~!!」

凄く顔色も良く眠れた様子で、3人でそれぞれ自分の習慣と胃に合わせ朝食を摂る。

屋敷「昨夜のマッサージどうでした?」

下村・太田「う~~~ん、イマイチだったかなぁ(苦笑)!」

下村「そもそも祝日夜遅くに行ったから、マッサージするスタッフさんの人数がそもそも少なかったみたい(苦笑)」

太田「俺はその後、独りで近くの超ローカルなサウナにアカスリ行ったんだけど、いきなり髪の青い日焼けした日本人来たからみんなにビックリされたわ(笑)」

聞けば太田さん、深夜2時に宿泊場所に戻ろうとしたけど電気が消えて景観が違って見えて、暫く道に迷ったそう。

下村「いやいや、電気消えてもこんな大きなビルの形でわかるでしょ(笑)」

前日の様子を書いた記事はこちら

↓↓↓↓

https://wiiber.com/2020/01/09/yashki-15/

11時。

本日ここから一旦自由行動です。

私は大晦日にも行った美容皮膚科で肌の経過を一度診て貰い、その後、南大門市場に姪と甥の服を本気買いしに行きます。二人は近辺をウロウロゆっくりした後、私の居る南大門で合流する事に。タクシーでこれさえ見せれば連れて来て貰える様、ハングルで行先と地図を添付しておき一度二人の元を離れます。

美容皮膚科を終え、私は12時位から南大門で買い物開始!!勘違いしてる人も多いみたいなので簡単に説明しておくと、南大門・東大門の市場は本来業者さんが買い付けに行く場所。なので基本的には韓国中、アジア中に流通する物が一同に集結している場所。安かろう悪かろうな安マーケットとは違い、ショップ値段の乗っかっていない状態でかなり良質な物が探せる、そんな場所。しかし、基本的には業者向けで、小売りをしてくれる店舗・時間は限られていたりします。私のお目当て、南大門の子供服市場も小売りは平日の朝~夕方まで、夜間は業者の時間。“韓国中の子供服が一度集まる場所”、と呼ばれる程豊富な種類と量!!!もう眼がまわります(めちゃ楽しいけど)。

先ず店先で立ち止まると、「(着せたい子は)何歳?何キロ?身長は?」それを答えると、合うサイズをどんどん出してくれます。韓国語少しでも出来れば、困る事全く無いと思う。

12時半頃、下村監督から「ぼちぼちそちらに向かいます」との連絡。何度かやり取りの後、足裏マッサージ行きたいというので、だったら南大門じゃなく直接明洞に行く方が楽ですよとお伝えすると、「そうします!」との返信。明洞と南大門、近いとは言えひと駅離れてるし、タクシーの運転手さんにもそれ位は伝えられるだろうと私も安心。

13時過ぎ、入り組んだ南大門市場のど真ん中、別の子供服ビルに向かおうと路地を通り過ぎ様としたら……あれ?道端の屋台に真っ青な頭……。

屋敷「あれ……!?太田さん??下村さん!?」

下村・太田「(焼きトウモロコシ片手に)おおおーー!!!やっしーーー!!!!!」

屋敷「何でこんな所に二人が居るんですか!?明洞行ったんじゃ??」

下村「え?やっしー今偶然ここ通ったの!?」

屋敷「そうですよ(笑)」

太田「ミョンドン!ミョンドン!って運転手さんに言ったらオッケーオッケー!って言ってたのに、降ろされたら南大門っぽくて(苦笑)」

下村「とりあえずどうしようってなって……太田がトウモロコシ食べたいって」

屋敷「マジですか(笑)」

下村「それより、こんな所で偶然会うって凄くない(笑)!?」

海外の道端で迷った途端バッタリ遭遇するって、本当に強運だわ~この二人(笑)!

二人がトウモロコシ食べ終わる頃合いに、地図を見せながら下村さんに(太田さんは私に輪をかけて方向音痴なので、太田さんに道は教えない)明洞の場所と、後で合流する場所の説明をして、今度こそ本気で別行動(笑)。

私は子供服爆買いを続け、二人は無事に足裏マッサージを受け終り、15時過ぎに結局先ほどのトウモロコシ屋台で再集合!

屋敷「本当に申し訳ないんですけど……一軒だけ子供服屋最後に寄っても良いですか?」

とお願いをし最後の買い物してる間、二人で楽しそうに子供服を見て周ってくれてます(笑)。どこにお連れしても心から楽しそうで、本当に嬉しい~!!!で、私の戦利品は子供服9着!!おば馬鹿!!!!

屋敷「そろそろ……遅めのお昼どうですか?お腹空きません??」

下村・太田「ペコペコだね!!」

と、いう事で南大門と言えば……の「カルグクス横丁」へ!!

4号線、会賢(フェヒョン)駅5番出口出て目の前、一見小さな食堂の入口にも見えるガラス戸を開けると……そこには50メートル程の細い路地(通路?)にビッシリとならんだカルグクス(韓国式うどん)」専門店の数々!!めっちゃローカル感凄い!活気凄い!!そして呼び込み凄い(笑)!!!二人も入口と中のギャップに大感動の様子!

朝~昼が最も混む時間らしく、15時過ぎに来たのも正解だった。悩んだ挙句、私達は「巨済食堂(コジェシッタン)」へ。後で調べて分かったんだけど、この「カルグクス横丁」の中でも一番人気の食堂でした……!ここのカルグクス横丁はメニューが特殊で、カルグクスを頼んだら自動的にセットで色々付いて来ます。

・カルグクス(一人前フルサイズ)

・ピリ辛冷麺(ハーフ位)

・ポリパツ(麦飯)野菜ビビンバ(まぁまぁ量ある!)

・スープ

・キムチ

このセットで驚異の6000ウォン(600円弱)!!

目の前で元気なお母さんたちがどんどん作って出してくれます!……めちゃくちゃ美味しい!!!!!!!!余りの量に私も「食べれるかな……」って心配になったけど、どんどん胃に入っていきます。太田さんも片っ端から完食してる。流石に下村さんには多いかな~って思ってお隣見たら、下村さんも完食!!お店のお母さんからは「ブルーヘアー、カッコイイネ~!!」と声を掛けられる太田さん(笑)。最高の昼食だった!!

この時点で16時過ぎ。ここから私達はタクシーに乗り「鍾路(チョンノ)3街」駅に向かいます。韓国のタクシーは基本的に助手席に乗っても大丈夫なので、私はいつも助手席でナビ、二人が後部座席。その時乗ったタクシーの運転手のお父さんが日本の温泉とお酒が大好きなとても陽気な方で、色々お喋り。

「ところで……お嬢さん(お父さん有難う~♡)とこちらの男性二人って……一帯どんな関係なの?何のお仕事されてるの??」

下村さんはともかく、そりゃサングラスに真っ青な頭で、真オレンジのパンツ履いた人が同乗して来たら私でも気になるわ(笑)。まともに「映画作ってる先輩達です」って答えてしまったけど、ファッションデザイナー!とか言っておけば良かったな~。そしたらお父さんもスッキリしただろうに!

そうこうしている内に、タクシーは鍾路3街に到着します。この日のメインイベント、韓国映画『白頭山(ペクドゥサン)』鑑賞です!!!劇場は私が個人的に大好きな映画館、「ソウル劇場」にて~!!

(続)

“下村勇二監督 “2泊3日ぶらり韓国歩き旅” 【”屋敷紘子”がガイドします!PART❸】” への1件のコメント

  1. サガエ より:

    次回、

    ついに『白頭山』登場!

    お楽しみはこれから、というわけですね。

    しっかし、濃いレポートが続く。

    最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です