9月17日「キネマ旬報NEXT vol.28」号外 ◎特別企画:アクション監督対談 横山誠監督×下村勇二監督 どどんと、1万文字オーバー!取材と記事の執筆は……ワタクシ屋敷です(笑)!!

本日発売!「キネマ旬報NEXT vol.28」価格:1080円(税込)

光栄にもここ一年間、不定期ではありますが、老舗映画雑誌(何と今年で創刊100周年!!めでたい!!)である「キネマ旬報」社が隔月で出している「キネマ旬報NEXT」誌に、ライターとして取材&記事を執筆させて頂いております。

なぜ私にライター仕事が舞い込む様になったのかは割愛させて頂きますが……。

7月末にまたお仕事のご依頼を頂いた。

有難いな……ふむふむ、とメールを読んでると、取材対象者に「横山誠」「下村勇二」の名前が(驚)!!絶対に仕組まれてる感(汗)!!!!

今日発売の「キネマ旬報NEXT vol.28」は『HiGH&LOW THE WORST』が大きく特集されいているのだが(ハイローアクション監督の大内貴仁さんのインタビューも掲載されています!)、それに伴い“特別対談”としてアクション監督達に、アクション映画の事、アクションシーン製作の裏側も含めたリアルな声を記事にしたいと。そこで、横山さんとは『牙狼 GARO 神ノ牙 KAMINOKIBA』で、そして下村勇二監督とも長くお仕事させて頂いてる私に、インタビュアーとして白羽の矢が立ったのだと思う。

取材に当たっては当然準備が必要になる。

それは新作を試写やDVDで観るだけでは無く、過去のインタビューや経歴をしっかり調べて、自分なりに質問などを書き出し、インタビュー自体の構成を、インタビューの前にしっかり準備する(私は、ね。まだまだ経験値が低いので)。そしてインタビュー当日に、「初めまして」から、心を開いて貰える様に会話を積み重ねて行く訳ですが……今回は勝手が違う(汗)。二人共、監督・アクション監督と俳優として仕事してしまってるアクション神なので……私、どの面下げて一緒に着席してれば良いのか(涙)。二人が「屋敷、お前のアクションはねぇ~!」とか、アクションへのダメだしで言葉の袋叩きに遭う可能性だってゼロではない訳で……。

取材当日、35度を越える暑さの中、東銀座にある「キネマ旬報社」にお越し頂いた。「キネ旬」に働く編集者の皆様は、勿論超ド級の映画達人であり、映画ラヴァー。アクション監督が来社する事など殆ど無いのでしょうし、エントランスに現れた二人に、手を止めてハートが浮かんだ目で様子を窺う編集者の方も(嬉)。今回の担当者の方の粋なおもてなしで、宇治金時かき氷と、美味しいサンドイッチが用意されており(ご馳走様でした!)、旧知の仲であるお二人はインタビュー開始せずともアクションの話を始めてくれました(笑)。

当初、一時間半設けられていたインタビュー時間は大幅にオーバーし、二時間半近くになってしまい(オーバーし過ぎやろ……すみません!)その中からトピックを一部厳選して書き出しました。

「キネマ旬報 NEXT」誌は、若い方達が購買層なので、アクション映画を深く知ってらっしゃる方には「それ知ってる」っていう内容もあるかも知れませんが、アクション映画は好きだけど、その裏側に触れた事が無い方、記事に興味を持って下さいましたら是非読んで頂けたらとても嬉しいです。

表に立つ俳優は、自分達の言葉を発する場も多いし、影響力も大きい。しかし、私はもっと映画をカメラの向こうで支える人達の言葉も発信されるべきだと考えている。今回、こんな素晴らしい企画を立ち上げて下さった事が映画ファンとしても本当に嬉しいですし、一緒の現場に立たせて頂いた先輩の声を、こうして文字に出来た事を心から嬉しく思っています。

そして、一年以上前に突然映画ライターのお話を頂いた時、最後の決断が出来ず悩んでいた私の背中をポンっと押してくれた人こそ、下村勇二監督でした。

この場をお借りして、深謝申し上げます!

キネマ旬報NEXT Vol.28 (表紙巻頭特集:川村壱馬、山田裕貴、吉野北人「HiGH&LOW THE WORST)No.1820

キネマ旬報 本日発売‼️

号外投稿につき…

【坂口拓の格言集】

本人直筆!は 今週土曜日 pm7:30

9月21日 となります。お楽しみにぃ!

“9月17日「キネマ旬報NEXT vol.28」号外 ◎特別企画:アクション監督対談 横山誠監督×下村勇二監督 どどんと、1万文字オーバー!取材と記事の執筆は……ワタクシ屋敷です(笑)!!” への3件のフィードバック

  1. サガエ より:

    横山誠×下村雄二、尊敬するお二人の対談、ライターはヤッシー。

    文句なしの布陣。

    これは絶対面白い!

  2. 永作綾乃 より:

    屋敷さん、自信持って下さい。

    まだ、冊子が手元にありませんが、楽しみにしています。

    牙狼とRE:BORNの組み合わせ、何て豪華なんだろう!!

  3. […] そして前号外ブログでも書きました「キネマ旬報NEXT」も、多くの方に読んで頂けてる様で本当に本当に嬉しく思っています!有り難いです!予告しておくと、来月発売のNEXT誌にも執筆させて頂いてまして(^^)、次回取材対象者は拓さん、下村さんに縁も所縁も深いお方。こちらも是非楽しみにして頂ければと思います。 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です