監督 山口雄大・主演 坂口拓 名コンビ復活! 『忍野 しのびの里』で雄大節が大爆発!たくちゃんねる新章” その撮影裏をお見せします!

WiiBERが製作しているYouTube番組『たくちゃんねる』が更にパワーアップする事になり、丸一日使ってロケに出るので(この本気度!)と取材の話が太田Pから来た。しかも今回、監督をするのが坂口拓の盟友・山口雄大監督というではないか(驚)!!!

山口雄大監督と言えば、最近若い世代では『HiGH&LOW THE RED RAIN』の監督として認知されているかも知れないが、絶対実写化不可能だと思われていた“不条理ギャグ漫画”を次々と映画に転生させ、突き抜けた“雄大節爆発”の映画、その虜になったファンも多い。漫☆画太郎大先生の『地獄甲子園』(03)や『ババアゾーン』(04)、野中英次氏『魁!!クロマティ高校』(05)、石川賢氏『極道兵器』(11)等、この一部ラインナップを見て頂ければ、その存在の唯一無二さ、お分かり頂けるだろうと思う!!

雄大監督も、インディーズ映画時代から数多くの自身の監督作品に坂口を起用しており、二人は公私共に互いにかけがえのない存在の様だ。筆者も仕事で両者バラバラに会う機会が最近多いのだが、どっちに会っても「昨日拓ちゃんとスパイダーマン観て来たんだけどさ~(笑顔)」「この前雄大と観に行った映画が面白くてさ(笑顔)!」とか。

時に拓さんから「Netflixの○○雄大おススメで、マジ面白いから観てよ(嬉々)!」と連絡来たり。……どれだけ仲良しなのよっ(苦笑)。私の中で、拓さんの映画デート相手は雄大監督のイメージしかもはや無い(笑)。二人のイチャイチャ話はこれ位にして……。

映画って不思議なもので、同じ人物であっても監督が誰か(厳密に言うと、撮影監督が誰か、っていう事も大きく関係する)によって全く違って映るもの。顕著に出るのが女優だと言われていて、「○○監督が撮る○○さんは格別に美しいわね!」みたいな会話はよく起こる。では、坂口拓の場合はどうかって話ですね。私の中で、強さ・美しさ・猛々しさを引き出すのは下村勇二監督が抜きん出て凄いと感じていて、坂口のチャーミングさを圧倒的に引き出せるのは山口雄大監督だと思っている。私が最も好きな雄大監督作品の一本が『手鼻三吉』シリーズ。もう、このシリーズの拓さん最高過ぎて(笑)!!ソフト化されてるので、未見の方は是非観て頂きたい。『RE:BORN』の敏郎や、『キングダム』左慈で骨抜きファンになった人は、ぶったまげるかもね。坂口のチャーミングさと軽快さに!

(もう一本個人的に挙げるなら、巨匠・若松孝二監督『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』(08)の、“日本のレーニン”とも呼ばれた塩見孝也役。作品としても素晴らしいです!!)

梅雨も明けぬ7月某日。

山口雄大監督による『たくちゃんねる・新章』撮影日当日。

私は朝6時半前、太田P車に新宿南口甲州街道沿いでピックアップして貰う。長雨の影響で、都内も肌寒い。

屋敷「 (窓をノックし)お、おはようございます~」

太田 「早くからすみませんね~!!」

青い髪とサングラスの太田Pがお出迎え……ワイキキ待ち合わせかと錯覚したわ(笑)!

その後少し移動した後、山口雄大監督とピックアップ。一路、山梨県忍野村「忍野 しのびの里」へ。今回の撮影は「忍野 しのびの里(以下、しのびの里)」と、そこで迫力満点のパフォーマンスを魅せている、坂口プロデュースの忍者集団「雷凮刃(らいふうじん)」全面協力という、何と贅沢な!!!

午前7時前。坂口は別便で既に出発済み、太田車も順調に山梨方面へ進んでゆく。雄大さんは車に乗るや否や、早速カメラのチェック。そして太田Pと打ち合わせ開始しながらあっという間に予定通り「しのびの里」に到着。すると坂口便は既に到着済み。10人近い「雷凮刃」メンバー達も既に身支度を始めている。

喫煙所で坂口の煙草のタイミングを利用して、『たくちゃんねる』メンバーと出演者は打ち合わせ。今日の大まかな流れを確認していく。外撮影は、陽が充分射している間でないと撮影が厳しくなるので、悠々としている時間は意外と無い。雄大さん指示のもと、準備開始。

雄大さんは軽いロケハンに、太田Pは荷物の搬入、私はブログの執筆(苦笑)。時間を無駄にする余裕はありません。そして今回の撮影、坂口は“現代忍者・TAK∴”ではなく、“古代忍者・坂口拓”のキャラクターでいくというので、坂口も久し振りの忍者装束に。

「雷凮刃」のトップである“元帥(げんすい)”である坂口、さぞ手早く格好良く忍者装束にお召替えななるのかと思いきや。

坂口「……あれ?どうやって着るんだっけ(苦笑)??」振り向けば、数多い紐の結び方が分からなくなっちゃったんだろうね(苦笑)?ズルズルに黒い布を纏っただけの元帥・坂口の姿があって私と太田Pは大爆笑!

慌てて「雷凮刃」メンバーが着付けを手伝う。脚絆(きゃはん・脛の部分)を片足着けた所で「元帥、もう片足はお願いしますね」とステージの準備に向かい、坂口は自分で何とかもう片足の脚絆を着けた様なのだけど……仕上がりがぐちゃぐちゃ(爆笑)!!

拓さん、出来る事と出来ない事のバランスが変過ぎるわ……(苦笑)。

てんやわんやの準備を済ませ、山口雄大監督による『たくちゃんねる』いよいよ撮影開始です!!

8/9.10.11 山口雄大監督作品 3日間連続投稿!その後は週1 (日曜日)お楽しみに!

[主題歌完成!]

明日御披露目 お楽しみにぃ!

喜劇ははこちら↓↓↓(真に受けないでね)

https://youtu.be/oPIvPCwMx6w

『坂口拓・下村勇二監督・太田Pに答えて頂きます!屋敷紘子の29の質問』

次回8月13日 (火曜) PM7:30!!

“監督 山口雄大・主演 坂口拓 名コンビ復活! 『忍野 しのびの里』で雄大節が大爆発!たくちゃんねる新章” その撮影裏をお見せします!” への7件のフィードバック

  1. 永作綾乃 より:

    俳優さんと監督が仲良しって、とても良いことじゃないんですか。

    現代忍者→古代忍者、表現が凄いいいです。
    忍び装束が自身で着れなくなっているという、拓さん…。元帥なのに、現役忍者・見習い忍者の超お手本なのに、そこは悲しい現実、そして事実。

    3連日、楽しみです。

    そして、時間があったら行ってみたいのが、忍びの里です ‼️
    開放感、スゴい良さげです。

  2. まんまゆ  より:

    新章、とても楽しみです~

    でも、その前に 手鼻三吉もまた観たい!!

    『拓さん、出来る事と出来ない事のバランスが変過ぎるわ……(苦笑)。』
     それ・・・ずっと思ってました  (笑)

  3. まっきー より:

    漫☆画太郎大先生の作品はよく読んでて大好き!青春ですね。それが実写化ですから(笑)
    『はうわっ!!』ってよく使ってた(笑)

  4. にゃん丸 より:

    今日も楽しく読ませて頂きました♪

    『たくちゃんねる』の新章はとても楽しみなのですが…
    ワイキキ待ち合わせ風の太田Pや
    忍者の元帥なのに忍者装束が上手く着れずに紐だらけになってる拓さんを想像すると面白くて( ̄m ̄* )ムフッ♪

    朝早くからの撮影で段取りで…って
    格好良ぃ裏側も知れて嬉しぃ限りなのですが、やっぱり楽しさが勝ります♪
    超笑顔(≧∇≦)人(≧∇≦)♪

    明日からの新章と主題歌楽しみにしています☆

  5. かみ より:

    雄大監督作品の拓ちゃん、なまら好きです♪
    三吉もですが
    一日市肇ちゃんや魁!!みっちゃんも魅力的ですねー☆
    あぁ。新章楽しみですー!

    『実録・連合赤軍あさま山荘への道程』の
    インテリ拓ちゃんも良いですよね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です