盟友である“坂口拓と山口雄大監督 ” YouTubeにてコンビ復活!撮影を終え今の心境を語る!【山口雄大監督 インタビュー】

夜9時を回ったところで、ようやく山口雄大監督による『たくちゃんねる』撮影@忍野・しのびの里、撮了となった。今日も朝から動き続けた坂口、撮り続けた雄大さん、そして出演・サポートをして下さった「雷凮刃」のメンバー、太田Pも心地良い疲労感に、笑顔!(屋敷はこの時点でもう眠気が来てた笑)

坂口が「折角だから、若手も交えて飯を食おう!」と提案をし、(支払いは太田P) 車で数分の大衆中華料理屋へ。総勢12名での晩御飯になった。運転の太田Pには申し訳無いな、とおもいつつも秒でみんなお酒を注文(笑)。雄大さんは、オンとオフの激しさが本当に魅力的で(?)冗談ばかり言って人を楽しませている時があるかと思えば、映画について話して下さる時は別人の様に鋭く熱っぽいのが本当に格好良い。この食事の時間、雄大さんに簡単なインタビューをお願いしたところ、快諾して下さったので、読者の皆様にも是非お聞き頂きたいと思う。

雄大 「ふざけた系の映像を(拓ちゃんと)撮るのは本当に久し振りでさ。前に一緒にやったのは『HiGH&LOW THE RED RAIN』だったから(雄大さんが監督、坂口はアクション監督としての参加)。ハイローの時は、“久し振りに一緒にやれるよね~”なんて言いながらも、A班B班(撮影本隊と2ndユニットの意)で別れちゃって殆ど一緒には出来なかったんだよ。作品のテイストも全然違うし、実際各々やらないといけない業も多かったしね。だから今回こうして一緒にやってみて、色々こう……湧くモノがあるなぁって。元々想定していたものより、(現場で)ずっと膨らませていけたから、そこは一緒にやってるっていう強みはあるかなぁって」

――拓さんと雄大さんも組んで長い仲ですが、雄大さんから見る、演者としての拓さんの魅力って何ですか?

雄大 「もはやね~演者としての魅力とか、そういうのを通り越して、お笑いコンビの相方みたいなもんなんで(笑)。お互いに作っていくって感じだから、“こうしよう”と考えていたものを、拓ちゃんとはどんどん高めていく事が出来る関係なんだけど、気を付けてる部分もあるんだよね」

屋敷 「何をですか?」

雄大 「やり過ぎちゃう事(笑)!」

屋敷 「(笑)!どっちも止めようとしないから!」

雄大 「そうそう!やり過ぎちゃうのが困る所で、それで何回か失敗もしてるんでね(苦笑)」

坂口 「でも今日は止めてくれたよね!」

雄大 「そう!今日は止めた。作るものが一見さんが分からないもの(作品)になっちゃうといけないから」

屋敷 「確かに。二人で組むと直ぐ突っ走りますもんね」

雄大 「YouTubeってこともあるし、初めて見る方にも分かり易く伝わるものをっていう事には気を遣って今日は撮ってたかな」

――雄大さんにとって、YouTubeの作品を撮るって、正直どうでしたか?

雄大 「YouTube動画は初めてだけど、ターゲットが小学生、中学生でも楽しめる動画でもありたいっていう事だったから、“とにかく分かり易く”かな。でも、分かり易いと言っても、あまりにベタな作品にしてしまう……つまりは、他の人がやる様な事をしても面白くないから、ベタさもありながらのハイブロウっていう、バランスは取る様に心掛けたかな」

――他にも拓さんと組んでやってみたい、新たな映像製作はありますか?

「YouTubeに限って言うとね、僕らはそもそも自主映画を一緒に作って来た。その、自分達で作った自信作を、当時はお客さんに観て貰える環境が無かった訳よ。観て貰うには、自分達で上映会を開かなきゃいけなかった。そして上映会を開いても、100人なり200人なり、結局その場に来てくれた人達にしか見せられなかった。そこでお客さんに作品が受け入れられたりしたら、“あ、これはウケるんだな!”って次の創作への励みにしたり、糧にしたりしてたんだけど、それが僕らの時代に出来る唯一のやり様だったんだよね。それに比べると、今の時代はYouTubeなんかのコンテンツを通して、もっと色んな人に作品を見せる事が出来るじゃん。そうするとね、自分達からは今迄見えなかった反応も見えるかも知れないし、自分達が作って来た作品が、実は自分達が思ってた以上に広い層にウケるかも知れないじゃん。これは、さっき拓ちゃんとも話してたことなんだけど、今回“やってると昔のテイストみたいなのが出て来るよね”って。それは、僕らにとっては、終わった過去の事なんだけど、今また作品を作って観て貰える場所に出したら、当時届いていなかった人達にも観て貰えて、また新たな反応が生まれるかも知れないじゃない。そういう可能性があるのは面白い事だなって感じてるよ」

【山口雄大監督作品 7本まとめて視聴はこちら】

明日7話目 最終!

https://www.youtube.com/playlist?list=PLErlAKy73T7eepv_a1hwm_6KyL6WJ6PFV

山口雄大監督の映画へのリスペクト、そして作品への真摯なまでの向き合い方を、YouTubeチャンネルの撮影とは言え、こうして傍で感じ見れた事は映画ファンとして本当に楽しい時間でした……。「YouTube×映画監督」で番組を製作するという新たな試みの第一弾に下村勇二監督を迎え、第二弾監督として山口雄大監督にご参加頂けた訳であるが、この先もどんなコラボレーションが観れるのか、楽しみにお待ち頂ければと思います!

(既に次作も撮影済みで雄大さんとはその先の企画も進行中~!!!by太田P)

余談だが、屋敷はここ一年程(実写ではないのが残念ではあるが)雄大さんとアニメのモーションキャプチャーのお仕事で時折ご一緒させて頂いているのだが、雄大さんの「映画談話」がめちゃくちゃ楽しくて、役者陣から『雄大映画塾』とも陰で呼ばれていた程(笑)。

「雄大さん、上映中の映画でおすすめありますか?」とか「〇〇観ようと思ってるんですけど~」とか、誰かが映画に関する話をした瞬間に即時開校となる(笑)。訊いて知らない事が無いんじゃないかと思う程の分かり易い解説・時代背景・製作者と俳優の事・その映画の観るべきポイント等々を教えて下さるので、話を聴き終わる頃には「それ今すぐ観たい!!!!」って、身体が疼いてしまう。これは気のせいではないと思うのだけど、一年一緒にやってる仲間達が明らかに映画を観る様になってるのは、絶対『雄大映画塾』に入校したからだよ。最近なんて、みんなスマホのメモアプリ片手に雄大さんに観るべきおススメ映画訊いてるもんね(笑)!

映画が好きなWiiBERブログ読者の皆様には、是非『雄大映画塾』の体験入校(笑)をして貰いたいので、今太田Pと新しいブログ企画も考え中ですので、お楽しみに!!!

皆様、ブログへのコメント本当に有難う御座います!!

一通一通に返信したい位なのですが、なかなか叶わず申し訳ありません。全て、何度も熟読して心の中で感謝を叫んでいます。これからも引き続き宜しくお願いします!

【坂口拓の格言集】

本人直筆!

毎週火曜日 pm7:30

次回9月10日 お楽しみにぃ!

“盟友である“坂口拓と山口雄大監督 ” YouTubeにてコンビ復活!撮影を終え今の心境を語る!【山口雄大監督 インタビュー】” への2件のフィードバック

  1. かみ より:

    久しぶりの
    雄大監督&拓ちゃんコンビ作品が見れて
    なまら嬉しく楽しく懐かしく
    毎回ニヤニヤしていました!!
    やりすぎちゃったのも見たかった。。。w
    そして『雄大映画塾』入校したいです☆

  2. […] >映画が好きなWiiBERブログ読者の皆様には、是非『雄大映画塾』の体験入校(笑)をして貰いたいので、今太田Pと新しいブログ企画も考え中ですので、お楽しみに!!! […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です