特報解禁!坂口 拓 主演 『狂武蔵』77分ワンカット 7年の歳月を経て…。下村監督、太田P挨拶。

令和元年七月七日。

七年という長い時を経て、『狂武蔵』が遂に息を吹き返した。最初で最後だと、観客の目に触れたのは渋谷ヒューマントラストシネマでの「坂口拓・引退興行」だったのだから……坂口を応援して下さる皆様からしたら、彦星と織姫の年に一回のモヤモヤどころではなかった筈である。今回は「特報」なので短いものではあるが、どう皆様に届いているのだろうか。是非感想をコメントして頂けると嬉しいです。

『狂武蔵』と坂口に流れた七年。

この不可視だった七年の間に、坂口を勇気づけ守り続けた下村勇二と、その二人を愛して止まない太田誉志という二人の男がこの戦に加わったのだから。それを思うと、七年という長い時間がかかった意味は、大いにあるのではないかと思うのです。

「お待たせしました!今まで写真と文章だけでしかお伝えする事が出来ませんでしたが、やっと皆様に動く画をお届け出来る時が来ました。クランクアップを迎えた瞬間の坂口拓の顔は一生忘れないだろう。さぁ!進もう。」

太田誉志(プロデューサー)

「追撮映像も加わった特報第一弾!

7年前の坂口拓と現在の坂口拓が共演!

まだ公に出来ない追加情報もあるので、今後も楽しみにしていて下さい。」

下村勇二(共同監督)

……実は、今回坂口拓からの言葉はありません。しかし言い換えれば、『狂武蔵』特報を観て皆さんが感じた事こそが、坂口拓からの言葉そのものではないだろうか。恐らく、容易く話したくないのだろうとも思う。『狂武蔵』が完成した時に、彼自身の言葉で話してくれる筈だ……必ず!

坂口拓が語る 戦劇者とは? ブログ記事↓↓

https://wiiber.com/2019/07/04/yashki29-2/

こうして最後まで読んで下さる皆様、心から感謝致しております。最近人と話しているより、こうして書いている方が心の自由を感じます。(社会不適合スミマセン苦笑!)

今回は『狂武蔵』特報公開についてのブログでしたが、次回はまたインタビュー篇に戻ります!お楽しみに~!!

坂口拓・下村勇二監督・太田Pに答えて頂きます!屋敷紘子の29の質問』

次回 7月11日(木曜) PM7:30!!

“特報解禁!坂口 拓 主演 『狂武蔵』77分ワンカット 7年の歳月を経て…。下村監督、太田P挨拶。” への11件のフィードバック

  1. にゃん丸 より:

    写真や言葉だけでも…
    十分に気持ちが伝わってます。
    いつも素敵な写真や言葉を
    ありがとぅござぃます。
    今日の写真や言葉も…涙。
    だから『特報』では大涙。
    言葉にならなぃ熱ぃ気持ちが溢れました!!
    昔からのファンの方々は一緒に歩んできた分もっと色々な気持ちが溢れているんだろぅな…と
    本音ちょっと羨ましぃ気もしますがw
    クラファン参加や応援で支えて来てくれたからこそ私は『狂武蔵』に出逢えたので本当に有難く本当に感謝です。

    私みたぃに最近ファンになった人達にも、もっと魅力が伝わって欲しぃです!
    私は今、焦らしながら両親に売り込み中ですw

    たくちゃんねるの新章も楽しみにしてます♪♪♪

    屋敷さんの表現豊かな言葉が好きです。
    ファン歴まだ短ぃので生意気かもしれませんが…
    素直な言葉をもっと聞きたぃです☆

  2. さちこ より:

    特報を観た瞬間、いよいよ蘇るんだと胸が熱くなりました。この瞬間に立ち会える事が、本当に幸せです。

    • 太田誉志 より:

      完成までのプロセスをお楽しみ下さい。これからも宜しくお願い致します。

      太田P

  3. まっきー より:

    7年という長い年月を経て過去と現在、点と点、人と人との縁で結ばれた、まさに七夕にアップされるにふさわしい特報だと思いました。
    映像が流れた瞬間、鳥肌と熱いなにかが込み上げてきました。
    参戦出来て本当に嬉しい

  4. 966分の1 より:

    最後の画像に写る白いラインが、まるで「天の川」のよう。

    三人の侍を核とする太くて熱い絆が、時に穏やかに、時に激流となって大きなうねりを生み出す様を映し出しているようで、もはや神々しいです。

    特報も同様、まさに神憑り的で、息を呑んで魅入るばかりでした!

  5. あこ より:

    拓さんの鬼気迫る表情は、演技ではなくて『本当にそうなっている』と感じました(>.<)また、BGMの躍動感が(ちょっと小粋な感じもしました)、ドキドキ感増し増し…。池(川)ドボンに ゚ ゚ ( Д  )7年前って、私何してたかなぁ。。楽しみに待っています。

    • 太田誉志 より:

      77分ワンカットで戦った俳優はきっと世界で1人でしょう。。

      応援宜しくお願い致します。

      太田P

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です