『坂口拓・下村勇二監督・太田Pに答えて頂きます!屋敷紘子の29の質問』狂武蔵のPが何故 (株)WiiBERを設立したの? でWiiBERって何?答えて下さい!太田P

坂口の自由な発言で場が温まった(?)ところで、いよいよインタビュー開始。先ずはこの“エンターテイメントの製作を担う”「株式会社 WiiBER」を立ち上げ、代表取締役を務める太田Pこと、太田誉志氏に多くの読者の方が抱くであろう質問をしてみる。

まさか自分から始まると思ってなかった様で、「え?俺からっすか!?」と、予想外の順番に少し慌てた様子も見せたが、そんな事気にせず(笑)お答え頂こう!

Q1:WiiBER(ウィーバー)ってそもそもどんな意味?

太田「WiiBER(ウィーバー)のWii(ウィー)自体に言葉の意味は無いんですよ。アメリカや西洋諸国では、人々が陽気な時や気分が高揚した時に“ウィー!!”ってよく口にするんですけど、そのポジティブな言葉…というか音から着想しました。我々Team WiiBERは、ポジティブで楽しいエンターテイメントを世界に発信していきたくWiiBERという団体名になったんです」

坂口「三人で呑みながら話してた流れで決まったよね(笑)?それに単純にユーチューバーをやるって目的だけじゃないから最終的に!」

太田 「WiiBERのロゴって日本(日の丸)から飛び出しているでしょ! W ii が口と目を表現し明るく右肩上がりに成長していく。日本を飛び出して世界に日本のポジティブなメッセージ(侍文化)を発信していこうよ!って意味を込めたんだよね~。ロゴを作る際にイメージと簡単なデザインを伝え100以上のパターンの中から選んだんだけど、拓さんにどれがいい?せーので指差したら同じだったんだよね」

Q2:現時点での(株)WiiBERの仕事とは?何故会社に?

太田「WiiBERの仕事とは、まず狂武蔵を完成させる事!。その為には母体が必要。興味を持って頂いても問い合わせ先すら無いのはどうなのかなって。これだけ多くの方にクラファンで支援して頂いたわけですから(966人)生半可な気持ちじゃ失礼なんでね。責任という意味も兼ね会社を設立しました。

僕が窓口となり、坂口拓、下村勇二監督のファンにお声をかけて支援金が集まり狂武蔵の追撮をする事が出来た訳ですから、覚悟を決めないとね」

太田 「 “お金=信用 ”クラウドファンディングは、金のなる木ではなく“得た信用をお金に変える両替機” 彼等が必死に積み上げてきた信用を壊すわけにはいかないんですよ。何かがあれば全て太田のせいです!。だから(株)WiiBERを立ち上げました。

で、何故 『たくちゃんねる』なのかって?? 僕の商売自論があって “目先の商品を売る前にまずは人を売る” つまり『狂武蔵』を知ってもらう前に『坂口 拓』を知ってもらう事が先という事。

映画『RE:BORN』(17)であったり、『狂武蔵』(19完成予定)で命を賭けて来た訳でしょ! そのふり幅の真逆といえば“コメディー”しか無い。だからアクションバラエティ『たくちゃんねる』で若い方にも坂口拓を知ってもらいたい。拓さんのファン層は40代以上の大人達が殆どだったんだけど、YouTubeを始めて今現在(2019年6月上旬)チャンネル登録者数が10000人以上、特筆すべきは13~24歳の登録者が36% (約3600人)まで伸びて来た事。今迄居なかったからね!?この層のファン! 関係ないと思いがちだけど、これも狂武蔵の宣伝の一環なんです」

『たくちゃんねる 』詳しい解説意図はこちら! https://wiiber.com/2019/06/13/takuchanneluconsept/

このタイミングで美味しそうなドリンクが到着!(私はビール呑みたいのを我慢してロイヤルミルクティー……)坂口はよっぽど喉が乾いていたのだろう、CM見てるかの如く美味しそ~うにビールを流し込んでゆく。一旦ブレイクしようと思ったのだけど、坂口の「いいよいいよ、どんどん続けよ!」の言葉に甘える事にして、続行。

「下村さんと拓さんにお訊きします」と、前置きをし、

Q:映画宣伝とは~……って旨の質問をピシッとしてみた。

屋敷「(取材ノートに書く準備も下村からの返答無い)……ん?」

坂口「?(と下村さんを見る)」

下村「…………(遠くを見ながらバナナシェイクをちゅ~っと吸っている)」

屋敷「あ、あの……下村さん…」

下村「……あ、ごめんごめん!全然聞いて無かった(苦笑)!!」

良いんですよ良いんですよぉ~!!お疲れのところ本当に申し訳ないです!

何十回でも訊きます(笑)!

ここからは、『RE:BORN』の事も含めて下村勇二監督に色々話して頂こうと思う。

『坂口拓・下村勇二監督・太田Pに答えて頂きます!屋敷紘子の29の質問(※)』

次回27日(木曜)PM7:30!!

※インタビュー篇のタイトルを決めあぐねていた所、太田Pが『坂口拓・下村勇二監督・太田Pに答えて頂きます!屋敷紘子の29の質問』という素敵なタイトルを付けて下さいました!私が問い詰めてる感が凄いし(笑)12時間働きまくった三人に、29個も質問してたなんて……。自分の厚かましさにもビックリ(汗)!!

屋敷紘子 拝

狂武蔵完成に向けての人気記事はこちら

下村勇二監督を軟禁する太田P 「過酷な編集室①」↓↓↓

https://wiiber.com/2019/06/18/https-wiiber-com-p124/

下村勇二監督の仕事に対する向き合い方とは!? 「過酷な編集室②」↓↓↓↓

https://wiiber.com/2019/06/20/shimomurayuji/

“『坂口拓・下村勇二監督・太田Pに答えて頂きます!屋敷紘子の29の質問』狂武蔵のPが何故 (株)WiiBERを設立したの? でWiiBERって何?答えて下さい!太田P” への10件のフィードバック

  1. 永作綾乃 より:

    下村監督のお体には、バナナシェイクが一番です。

    でも、残りのお二方、ちょっとは気遣って控えめにって。

  2. うちこ より:

    Wiiっ~す!お疲っーすー!

    ファンもこんな感じのノリで入っても良いって事で さぁーねー✨♪ファンもチームなんですから。
    屋敷さん!下村監督をもっといじって下さい(心の声)♪

  3. うちこ より:

    お三方さんの ストレス発散って何ですか?

  4. にゃん丸 より:

    今日も楽しませて頂きました♪
    『このブログ読んでる時の自分…
    たぶんすっごく良ぃ顔してる♪』って
    自画自賛(笑)
    そのくらぃ本当に面白ぃのです☆
    御三方の魅力的な個性も、
    屋敷さんの文章も全て。
    『惚れてまぅやろw♪』と心の叫び。
    もっともっと惚れさせて下さぃね♪

  5. 966分の1 より:

    痒いところにビシッと当ててくださる屋敷さんの質問と、聞いているだけでニマニマしてしまうような、今後への期待感をMAX煽ってくれる回答。

    と、その行間にはみ出しまくりの、何とも絶妙なほんわかムードがたまりません。29問で終わっちゃうのかと思うと、もう寂しくさえあるというw

    毎回大事に読ませていただきまっす!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です